スポンサードリンク

スポンサードリンク

体験レッスンのハシゴ。
これ自体は悪いことではありません。

スポンサードリンク

何件かの教室で体験レッスンを受けてみて、一番合いそうな先生の所に通うことを決めるのは当然のことです。そのための体験レッスンなのですから。

しかし、中には体験レッスンをそのように使わず、どこの教室にも入会する気がないのに「体験レッスンだけでピアノが上達すれば…」と考えている人もいるようです。

今日は「体験レッスンのハシゴでピアノは上手になるのか?」ということについてお話をしたいと思います。

体験レッスンのハシゴでピアノは上手になる?

体験レッスンのハシゴでピアノは上手になるのか?

ハッキリ申し上げると、なりません(笑)

体験レッスンのハシゴでピアノが上手にならない理由は…

① どこの教室に行ってもピアノに最初に触れる人向けのごくごく導入のレッスンしかしてもらえない

② 1教室1レッスンを別々の教室をめぐって10回体験したとしても、系統的なレッスンにはならない

こういったところでしょうか。

でもこのあたりはわかりきったことですよね(^^;

ピアノ教室の先生は、体験レッスンで新しい生徒さんに出会えるのをとても楽しみにしていて、真摯に準備をして待っています。

なので、入会の意志が全くない体験レッスンのハシゴは、ご本人にとっても全くメリットにならないばかりか、ピアノ教室にとっても大変迷惑なことです。

体験レッスンのハシゴをやめてもらうためには体験レッスンを有料にするのが効果的

「入会の意志がない体験レッスンのハシゴ」をやめてもらうには

体験レッスンを有料にする

という方法が有効です。

しかし「体験レッスンを有料にする」とは言っても、1回1,000円~2,000円に設定しておいて、入会をされた場合は返金をする、という方法をとっているピアノ教室は多いみたいですね。

そうすることで冷やかしのお客さん(生徒さん)が来なくなったと話している先生もいました。

たしかに、1回2,000円払うと考えたら体験レッスンをハシゴするのもちょっとためらいますよね。

教室を決めるための体験レッスンのハシゴは全く悪いことではない

入会の意志が全くない体験レッスンのハシゴは迷惑だ」

と申し上げましたが、どこかの教室に通いたいと思って比較するための体験レッスンは全く問題ありません。

先生によっては、比べるために体験レッスンをハシゴされることがイヤだと思う人もいるかもしれませんが、それならば体験レッスンを行わなければ良いのだと個人的には思います。

「魅力的なピアノ教室が2,3教室があって迷っている。」

自分の教室が、そんな「魅力的で迷ってしまうようなピアノ教室」の候補に入れてもらえただけでまずは有難いですよね。
比較するための体験レッスンに来られたとはいえ、自分の教室を選んでいただいたことに感謝し「どうぞ一番気に入った教室に入ってくださいね!」と言いたいものです。

生徒さんは、これから始まるピアノ生活に期待をしています。
どこの教室も魅力を感じるのだけど、あとは先生との相性が気になるところです。

先生との相性は実際に会ってみないとわからないことがほとんどですよね。

・シャキッとした先生なのか
・ほんわかした先生なのか
・厳しめにきっちり教えてくれる先生なのか
・楽しい雰囲気を作ってくれる先生なのか
・子どもを受容してくれるのか
・妥協せずに教えてくれるのか

などなど、生徒さんも親御さんも気になっています。
なので、体験レッスンに行って先生にお会いしてみて、相性が良いか確認したいのです。

せっかく入会しても、先生との相性が合わなくてすぐに辞めることになってしまった・・・」

となると、生徒さんにとっても教室にとっても、何の良いこともありません。

ただ、実際にお会いする以外に教室のホームページでも先生の雰囲気はだいたい伝わります。

体験レッスンをハシゴされたくない先生体験レッスンからの入会率を限りなく100%にしたい先生は、自分のピアノ教室の独自のホームページを作っておくとそのあたりがうまく回るようになります。

「体験レッスンのハシゴでピアノは上手になる?&教室側の気持ちとしては…」まとめ

体験レッスンのハシゴではピアノは上達しませんし、入会の意志がない体験レッスンのハシゴは教室にとっては大変迷惑なことです。

ただ、どこかに入会したくて教室を比べたい、という気持ちがあっての体験レッスンのハシゴは問題ありません。
ただ、その場合は体験レッスンの申し込みの時に
「ほかにも体験レッスンを申し込んでいる教室があるのですが、そのような形でも体験レッスンをしていただけますでしょうか?」
と伺っておくと、のちのちお互いに気まずくなることが避けられます。それに、他教室と比べるための体験レッスンを嫌がる先生はそこで「NG」を出しますので、そのあとの判断は生徒さん(保護者)によりけりとなります。

以上、「体験レッスンのハシゴでピアノは上手になる?&教室側の気持ちとしては…」というお話でした。お互いに初対面の体験レッスンなので、気持ちよく終えられますことをお祈りしております!

スポンサードリンク