ピアノの発表会というのは、子どものさんの晴れ舞台ですよね。
子どもさんの成長にウルっときたり、ほかの子どもさんたちの演奏にも感動したりと、ピアノの発表会は親御さんたちにとっても楽しいイベントであると思います。

スポンサードリンク

そんな楽しい晴れ舞台を用意してくれた先生へ、日頃の感謝の気持ちも込めて何かお礼を・・・と考える親御さんは多いようです。

しかし同時に、お礼といっても何をあげれば良いのかわからない…と悩む親御さんも多くいらっしゃいます。

スポンサードリンク

「お菓子?お花?お金を包む?どうやって渡すの?相場は?」

疑問がたくさんですよね。

でも、日頃愛情いっぱいに子どもさんに接してくれている先生でしたら、どんな形であれ、おうちの方からお礼の気持ちをいただくことは嬉しいものです。

ここでは、ピアノの発表会での先生へのお礼についての疑問を解決していきましょう。

子どものピアノの発表会で、先生へのお礼を贈るべき?

もうすぐ子どもさんのピアノの発表会。毎日子どもさんは発表会に向けて練習に励んでいることと思います。

同時に先生も、生徒さんそれぞれにとって発表会が素敵な思い出となるようレッスンに熱が入るのはもちろん、レッスン以外の時間を割いてあちらへこちらへと奔走している時でもあります。

ピアノの先生が発表会までにやらなければいけない仕事は

会場探し、会場決め、生徒が演奏する曲の選曲、写真屋さんとの交渉、会場の下見、会場との打ち合わせ、当日のお手伝いスタッフとの打ち合わせ、導線確認、本番を円滑に進めるための資料作成、講師演奏の練習、生徒用楽譜の編曲、プログラム作成等々・・・

ピアノの先生は、発表会のためにレッスン以外の仕事を多く抱えます。

それだけの時間と労力を費やして行う発表会。

そこには「生徒の成長のために」「おうちの方のために」等々、先生による教室生への「想い」があります。

そんな先生の「想い」を感じ取ることができたならば、何かしらの形で先生へのお礼を考えてみてはいかがでしょうか。

しかし、お礼を贈りたくてもどんなものを贈れば良いのかわからない方も多いと思いますので、次の章では先生へのお礼に喜ばれるものを具体的にいくつかご紹介します。

お礼を贈るならば、どんなものを贈る?相場は?

発表会のお礼といってもお菓子・お花・雑貨・現金・・・種類・内容はさまざまです。
基本的には何を贈っても間違いはありませんが、持ち帰りのことを考えるとケーキなどの生ものは避けた方がベターです。(ないとは思いますが。)

現金に関しては、音大生を多く輩出しているような「名門のお教室」でしたら一般的かもしれませんが、庶民的な「町のピアノ教室」の先生は「参加料をいただいていますので・・・」と恐縮して受け取ってもらえないかもしれません。

(ひと昔前までは、どんなに小さな教室でも「お包みするのが常識」のような風潮もあったようですが、現在ではそのような風潮はあまりありません。)

お金をお包みしようと考えている場合は、同じ教室に通う生徒さんにリサーチしてみると良いかもしれませんね。

どうしてもお礼は現金で・・・と考えている場合は、最低でも5千円はお包みしましょう。
それ以下でしたら、金額相当のお菓子やお花をお渡しした方がスマートです。

また「名門のお教室」では「5千円」では足りないかもしれませんので、要リサーチです。

さて、「町のピアノ教室」であれば現金ではなく「もの」をお渡しするのが良さそうだということがおわかりいただけたかと思います。

品物としてはお菓子・お花などのほかに、先生の趣味がわかっていればコーヒー、お茶、好きなキャラクターやブランドなどのアイテムも喜ばれます。

先生の趣味や嗜好は、先生が開設しているブログやSNSなどにヒントがあるかもしれませんので、探してみてくださいね。

↓ 1,000円~3,000円程度で喜ばれる贈り物はたとえばこんなもの

 
 

お礼はいつどこでどのようなタイミングで渡すのがベスト?

さあ、お礼を準備しました。さてそれでは、いつ渡すのが良いのでしょうか?

主な選択肢としては3つ。

① 発表会が終わった後の帰りがけにご挨拶と一緒に直接渡す
② 発表会会場の花束等の受付に託す
③ 発表会が終わった後の最初のレッスンの時に直接お持ちする(または子どもに託す)

の3点が主な選択肢になるかと思います。
それではそれぞれのメリットデメリットを紹介します。

①「発表会が終わった後の帰りがけに直接渡す」場合。

①のメリットは、直接先生とお話ができるのでお礼の言葉もきちんと伝えられる点です。デメリットは、発表会後は会場撤収の作業などで慌しくしていることも多いので、先生をつかまえにくいことです。また、全員の生徒さんが先生に殺到すると最後の生徒さんは会場を出るのが遅くなってしまいます。

でも、発表会後の帰りがけに直接親子で挨拶に来てくれるのは、先生側としてはゆっくりと対応はできず申し訳ないと思いつつもそのお気持ちは嬉しいものです。長くならないよう手短に挨拶を済ませると良いでしょう。

②「発表会会場の花束等の受付に託す」場合。

メリットは、渡すタイミングに気を揉まなくても良く、また渡しそびれもないという点です。デメリットは特にはありませんが、受付に託す場合は贈る相手の名前(この場合は先生ですね)と、贈り主(生徒さん)のお名前の両方を明記するのを忘れないように気をつけましょう。また「片付け等でお忙しいと思ったので受付に預けさせていただきました」とひとことメッセージを添えるとベターです。

③「発表会が終わった後の最初のレッスン時に直接お持ちする(または子どもに託す)」

このメリットは、発表会当日に贈り主、先生の双方の荷物が減って身軽で良いという点です。また、当日にお渡しをするタイミングを気にしなくて良いこともメリットです。デメリットは特にありません。

ただ、子どもに託すよりも、可能でしたら保護者の方も玄関先まで直接出向くと先生も喜びますし、先生からも保護者の方へお礼を直接言うことができて良いかと思います。ただ、前後にほかの生徒さんのレッスンが入っている場合もあるかと思うので、やはり挨拶は手短に済ませましょう。

↓ 送料込みで3,000円におさまるプリザーブドフラワーギフト


まとめ
ピアノの発表会での先生へのお礼についてのお話でした。
先生の、生徒への愛が込められた発表会。お礼の気持ちは、お花やお菓子や雑貨などのお金がかかるものでなくても、後日感想を記したメールやお手紙を送って表すだけでも先生は喜びます。
発表会という機会に、日ごろの感謝も含めたお礼の気持ちを表すことは、今後の先生・親御さん・子どもさんのそれぞれの関係がより良好に結ばれることにも繋がります。
品物、言葉、手紙…みなさまに合ったお礼の形が見つかると良いですね。