スポンサードリンク

ピアノコンクールに参加をする場合、みなさんは先生にお礼をお渡ししていますか?

中には

「コンクールに出るのに、なぜ先生にお礼を渡す必要があるの?」

スポンサードリンク

と思う人もいるかもしれませんね。

今日は

「コンクールで先生にお礼が必要なのか?」

というお話をしたいと思います。

先生にピアノコンクール参加のお礼は必要?なぜ?

通常、コンクールに参加をする時には先生に何かしらのお礼を贈るのが良識として捉えられています。

なぜコンクールの参加費をきちんと払っているのに先生にお礼を渡さないといけないのか?

理由について考えてみましょう。

理由① ピアノの先生はコンクールのために特別な準備をしてくれている

自分の生徒がピアノのコンクールに出る時、先生は普段のレッスン以上の準備に追われます。

コンクールの要項を取り寄せる
要項の内容をチェックする
課題曲の楽譜を準備する
楽曲の研究をする
コンクールに向けて諸連絡をまとめる
 ・
 ・
 ・

先生によって、または参加するコンクールによっては、他にもいろいろな準備があるのかもしれません。

このように、コンクールは特別なものなので、先生はいろいろと準備をすることがあり、仕事が増えるのです。
コンクール前には月謝を少し上乗せしている先生もいるようですが、そうではない場合、「特別な準備」にかかった労に感謝してねぎらうためにお礼をお渡しするのですね。

理由② コンクール前の支出が実は大きい

コンクール前、ピアノの先生は支出が多いです。

・コンクールの課題曲講習会の参加費・交通費(県内外)
・コンクールの課題曲の楽譜購入
・コンクールの課題曲のアナリーゼ集の購入・・・

しかも講習会も1か所ではなく複数個所へ、楽譜も1冊などではなく時には10冊以上購入することもあります。
この出費は生徒さんには知られざる支出ではないかと思います。

ですのでこの時点で先生は、コンクールが生徒さんにとって素晴らしき経験となることをを願って、身を切ってコンクールに向けての準備をしているんですね。

理由③ コンクール会場までの交通費や駐車場代がかかっている

コンクールが予選の場合は比較的近くの会場で開催されます。
しかし本選ともなると、高速道路を使ったり、新幹線や飛行機で行ったりしなけでばならないかもしれません。

わが子がチャレンジするコンクールに引率していただく先生に、たとえば5万円の交通費と宿泊費を先生ご自身に負担していただきますか?
さすがにそれはできませんよね。

予選など近場で行われる場合も、バス代や駐車場代がかかります。
コンクールに参加した生徒さんは、それらを「お車代」として先生に少しお包みしているようですね。

理由④ コンクール引率の先生はタダ働き

コンクールは、たいてい師事している先生が一緒に来てくれます。
足台の調節なども、先生がしてくれることも多いみたいですね。

何より、生徒さんが「先生がいれくれると大丈夫な気がしてくる」という気持ちになります。

それにせっかくこの日まで先生も生徒もお互いに熱心に取り組んできた楽曲。
やはり先生としては当日の演奏を見て聴いて、今後のレッスンの参考にしたいところです。

そんなコンクールは1日がかり。
1日家でレッスンをしていれば先生の1日あたりの労働対価は1万円くらいになるかもしれませんし、先生によってはそれ以上にもなるでしょう。

しかし1日がかりでコンクールの引率をしたからと言って「引率代として〇千円頂戴いたします」と、月謝袋にはなかなか明記しづらいもの。

スポンサードリンク

「先生にはきちんと月謝を払っています。」

という主張もあるかもしれませんが、月謝は日頃のレッスンの対価です。
(それにコンクールに参加しない人も、同じ額の月謝を払っていますよね。)

なので、先生に1日付き合っていただいたことに対するお礼を…という考えが生じるわけです。

ピアノの先生に対するコンクールのお礼の実情

それではコンクールにおける「先生へのお礼の実情」について先生方のお話をまとめてみました。

〇 私の教室からは多数の生徒がコンクールに出ていますが、こちらが何も言わなくても皆さんで交通費を用意して下さっています。
 しかも生徒たちは年に1回ではなく、年間複数のコンクールに挑戦しているので、コンクールシーズンは引率のため毎週あちこちに出かけることとなります。それらの交通費は合計するとかなりの額になりそうです。(計算をしたことはありませんが…)そのあたりを保護者のみなさんが気遣ってくださっているようで、毎回交通費をいただいています。1つの会場に複数の生徒が出る場合は、皆さんで交通費を割って準備してくださっているようです。それとは別に多少のお礼も戴くことが通例となっています。(もちろんこちらから要求しているわけではありません)

〇 私は、東京で行われるコンクールに参加するには飛行機・宿泊が必要な地域に住んでいます。 お礼ではないですが、交通費や宿泊費で10数万円かかりますので、生徒さんはそれらを全額負担してくださっています。ただこちらからは「交通費と宿泊費の負担をお願いします」とはなかなか言い辛いので、保護者の方によるお気遣いを頂けると助かります。

〇 私も自分から宿泊費や交通費、日当を要求したことはありませんが、コンクール終了後や後日に(または前もって)交通費、宿泊費相当にお礼の分をプラスαしたくらいの金額を頂戴することが多いです。遠方で行われるコンクールでなくても、近場で行われるコンクールの時もお気づかいいただいております。

次にコンクールのお礼を先生にお渡ししている保護者の方のお話をまとめてみました。

〇 私は地方に住んでいますので、全国大会に来ていただく時にはやはり交通費・宿泊費にお礼の分として多少色を付けてお包みしています。
 ただ、一緒に全国大会に参加する生徒さんが複数いらっしゃるので我が家だけで先生の新幹線代やホテル代を丸ごと負担している、というわけではありません。

〇 我が家の場合も、全国大会関係が終了したあとの次のレッスン時に、「御礼」と書いたのし袋でお渡ししました。 全国大会の時はいつもより1万多くお包みしました。

〇 我が家は全国大会ではないですが、小1で小さなコンクールに出場した時、双方負担にならない程度で1万円程度の食品ギフトを差し上げました。

「ピアノコンクールに参加。先生へのお礼は必要?」まとめ

コンクールに参加した場合の先生へのお礼は教室のカラーによるところも大いにあります。
あとは「気持ち」でしょうか。

「コンクールに出てあげた」という生徒さんはほとんどいないと思います。
「コンクールに出て貴重な体験をさせていただいた」と捉える生徒さんがほとんどだと思いますし、コンクールというのはそういう意味があります。その「気持ち」をどのように表すかは、特に決まりはなく個人個人に委ねられているものです。

ただ、ご家庭の経済事情もありますので、コンクールのお礼というものは無理をせずに出せる範囲で行うものだと思います。

しかしピアノの先生は優雅そうに見えて実際はそうではないことがほとんど。
「ボランティアでも、あなたのためについて行くわ!」という気持ちはあるものの、やはり先生も「音楽」を仕事としていますので、「交通費」「宿泊費」「日当」などこちらから言いにくいことを気づいて頂けるのはとてもありがたいのです。

以上「ピアノコンクールに参加。先生へのお礼は必要?」というお話でした。
参考になりましたなら幸いです。

スポンサードリンク