お子さまをピアノ教室に通わせていると、どうしてもレッスンを欠席してしまうことがありますよね。
そんな時、休んだ分の「振替レッスン」って、してもらえるのでしょうか?

親御さんの気持ち、先生の気持ちの両方から、ピアノ教室の振替レッスンについてちょっとお話をします。

ピアノ教室のレッスンを欠席する理由

欠席の理由としては・・・

・体調不良
・けが

などが主な理由になると思いますが、時には

・旅行
・親御さんのお仕事の都合
・台風など

でもレッスンを欠席せざるを得ないこともありますよね。

親御さんとしては

「決まった額の月謝をお支払いしているのだから、欠席した分の振替レッスンはしてもらいたい」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
ですが、振替レッスンは少しずつ増えてきたような風潮ですが、まだまだ「当たり前」ではないみたいです。

「それでは月謝を日割りして返してもらいたい」

と申し出る前に、ちょっと教室側の事情を知っていただきたいと思います。

ピアノ教室では振替レッスンはしてもらえるの?

それでは実際に、ピアノ教室でレッスンを欠席した場合に振替レッスンをしてもらえるのか?
について考えていきましょう。

最初に結論を申し上げると

「振替レッスンの扱いは教室によってさまざま」

スポンサードリンク

です。

ここでまず申し上げておかなければいけないのは、大手の音楽教室ではまず振替レッスンは不可能です。

大手音楽教室でレッスンをしている先生たちは、雇われている先生たちです。

週に〇時間勤務で賃金がいくら、などという形で雇用の契約を結んでいるのです。
生徒さんがお休みをされた場合でも、先生は職場に待機しています。
つまりは「勤務中」なのですね。

そして契約に定められた時間が来ると退勤します。
大手音楽教室では「お客様のご都合で欠席をされた場合は原則として振替レッスンは行っていない」と決められています。
ですので、勤務時間が終わったあとに仮に振り返レッスンを行ったとしても、先生はタダ働きになってしまいます。

なので、先生の定められた「勤務時間内」にレッスンに来る。
来られなかった場合は振替レッスンをしてもらえなくても仕方がない。

と考えるのが常識的です。

あとは大手音楽教室ではレッスンルームが満室であることもあります。
1部屋でも空いていれば、1人や2人の振替レッスンであれば可能かもしれません。

しかし個人教室とは違って、大手音楽教室ではたくさんの生徒さんたちを抱えていいます。
1週間のあいだにレッスンを欠席してしまう生徒さんの数は個人教室の比ではないでしょう。

そういった理由より、大手音楽教室ではレッスンをお休みした場合は振替レッスンは不可能なのです。

それでは個人のピアノ教室だったら振替レッスンはしてもらえるの?

大手のピアノ教室では振替レッスンは不可能なことがわかりました。
それでは、個人ピアノ教室なら融通がききそうなので、振替レッスンをしてもらえるのかな?
と思いますよね。

実際、個人ピアノ教室では振替レッスンを行っている教室もあるようです。
しかし、大手ピアノ教室と同じで「振替レッスンは行いません」という先生も。

その違いは何でしょうか?

【 振替レッスンを「しない」先生の言い分 】
・生徒数が多くレッスンスケジュールも埋まっている。レッスン以外の時間は家族の用事などで忙しく、別枠で振替レッスンを行う余地がない。
・振替レッスンの希望をすべて叶えられる保証がないので、はじめから振替レッスンは行わないことにしている。
・自分の都合で休んでいて振替レッスンを要求するのが納得がいかない。

3つ目は少々荒っぽい表現になってしまいましたが、ごく少数ですがそう思う先生もいるみたいですね。

【 振替レッスンを「する」先生の言い分 】
・レッスンをしていないのに月謝を1か月分まるまるいただくのが申し訳ない。
・レッスンスケジュールに空きがあるので、可能な範囲内で振替レッスンをして差し上げたい。
・上手になってもらいたいので、ぜひ振替レッスンに来てもらいたい。

振替レッスンを行う先生たちは、こんな気持ちがあって振替レッスンを行ってくれているのですね。

ピアノ教室の振替レッスンについてのまとめ

個人教室では、教室によっては欠席した分の振替レッスンを行ってもらえる場合があることがわかりました。

しかし、基本的にはピアノのレッスンというのは先生がその時間をその生徒さんのためだけに確保しておいてくれています。
振替レッスンを行ってくれるとは言っても、くれぐれも軽々しくレッスンを休むことのないよう気をつけてくださいね。

また、先生によっては事情も様々です。
介護が必要な家族がいたり、子どもの習い事の送迎、夜遅くまでレッスンを行う先生は夜にはできない夕飯の準備など家事をしたり…
定められたレッスン時間は守られるべきですが、レッスン以外の時間は自宅で仕事をしているとはいえ先生にとっては「勤務時間外」です。
「先生は生徒も少ないのに振替レッスンできるでしょ!」なんて言わないでくださいね(笑)

一番良いのは「振替レッスンをしてもらえなくてもこの先生に習いたい!」と思えるような先生に出会えることですね!

スポンサードリンク