スポンサードリンク

スポンサードリンク

ピアノ教室を自宅で開業している先生は「確定申告」というものをしなくてはなりません。
これから開業したいという先生、開業したばかりの先生、実は何年も確定申告をしていないまま教室を運営してきた先生・・・どの先生にも、参考にしていただけたらと思います。

スポンサードリンク

ピアノ教室の確定申告がわかりやすい!

「確定申告」とは一体何?

「確定申告」とは。
簡単に言うと

「自分が昨年1年間でどれだけお金を稼いだかを洗い出し、収入に見合った納税額を計算すること」
でしょうか。

会社に勤めていると、給与明細を見ると「所得税」というものを引かれているかと思います。
お給料をいただいた分にかかる「税金」のことですね。

しかし、会社勤めではない自営業の人たちは「自分で所得税を計算して払う」ということをしなくてはなりません。

これをせずに、収入をすべて自分のものにしていると「脱税」となるのですね。ちょっとドキっとしてしまいますね。

では、確定申告はどのように行うの?

すでに開業をしているピアノ教室の先生。
自分が住んでいる地域の税務署に「開業届」は提出していますか?

開業届は、事業を開始して1か月以内に提出をするものですが、遅れたからといって罰則はありませんので、まだの方はまずは「開業届」を提出しに行きましょう。

郵送でも対応してもらえるようですが、不明点などをすぐに聞いてすぐに届け出が完了するのはもちろん窓口に直接出向く方法です。ダウンロードした書類を記入しながら不明な点があれば、直接出向く、または電話で問い合わせをしてみるなどすると良いでしょう。

 → 「個人事業の開業届出・廃業届出等手続」(国税庁HP)

また、確定申告の種類として「青色申告」と「白色申告」というものがあります。

「青色申告」は、申告に関する規則のようなものがやや細かいのですが、ソフトを購入してそのとおりに入力していけば不備のないようになっているようです。

では、なぜ少し手間のかかる「青色申告」を選ぶのか?

それは、青色申告にしておくと、メリットが大きいからです。
これについてはこちらの記事が参考になるかと思います。
 → ピアノ教室が青色申告を選ぶワケ

ただ、青色申告をするには「開業届」を提出する時に「青色申告承認申請手続」を行わなくてはなりません。
すでに開業届を提出していて、まだ「白色申告」の先生も、今から「青色申告承認申請手続」を行うことができます。
→ 「所得税の青色申告承認申請手続」(国税庁HP)

このようにして、地域の税務署に「開業届」や「青色申告承認申請手続」を提出したら、あとは確定申告の時期が近づく1月頃に大きな封筒で、確定申告の書類が送られてきます。

1年目はとてもややこしく感じられるかもしれません。
2年、3年とやっていくうちに慣れてきますので、大事な社会勉強だと思ってがんばってみてください!

確定申告をする際に必要となってくるもの

では、いざ確定申告を・・・!

① 1月1日~12月31日までの経費領収書は、全て保管してありますか?
② 実際にいただいた月謝の額を、月ごとにメモ書きなどして把握していますか?

この2点ができていれば、確定申告は行うことができます。

あとは、こちらの会計ソフトに入力をしていけば、提出書類を印刷するところまで完了することができます。
やよいの青色申告オンライン

ソフトを使用すると1年ごとに費用はかかりますが、手間を省けて安心感を得られることを考えると大変便利です。

初年度無償キャンペーンを行っていることもあるので、時々チェックしてみてください。
筆者も、こちらのソフトを利用するようになって確定申告がかなりラクになりました。

「生徒が少ないけれど確定申告は必要?」

生徒が少ないピアノ教室の収入は、税金を支払うまでにも昇らないかもしれません。
しかし「社会の一員としてピアノ講師という職業を全うしたい」、そういった気持ちがあれば「教室の代表」としての意識をもつという意味でも、たとえ税金が発生しないほどの収入しかなくても「確定申告」は行いましょう。

保護者の中には「先生、ちゃんと確定申告してるのかしら?」なんて思う方もいらっしゃるかもしれません。そんな時に「きちんと申告していますよ」と胸を張って言うことができればうしろめたい思いをすることもないですし、何より「教室と先生への信頼」も生まれるでしょう。

そして「今は税金を払うほど収入はないけれど、生徒を増やして世の中のために税金を払えるようになりたい!」と思えるようになりたいものです。

こちらのサイトも参考になるかもしれません。
「ピアノ教室のわかりやすい確定申告」

スポンサードリンク