スポンサードリンク

ピアノ教室を運営していると、時々いくつかの問題に出くわします。
その中のひとつが

「月謝の値上げ」

です。

スポンサードリンク

これはピアノ講師にとっても問題であると同時に、子どもにピアノを習わせている保護者にとってもちょっとして問題となることもあります。

ピアノ教室の月謝は値上がりすることがある

ピアノ教室の月謝は値上がりをすることがあります。
値上がりの仕方は2通りあります。

・予め規約などの明記されているレベルに応じた月謝の値上がり
・予め知らされていなかった想定外の値上がり

の2通りです。

前者は、中級のテキストに進むと月謝が〇〇〇円アップします。
と、予め予想されている値上がりなので、保護者としても心づもりができますし、講師としても保護者へお伝えするのにそう躊躇することはありません。

問題となるのは、後者の「予め知らされていなかった想定外の値上がり」ですね。

問題となる、と言っても、それが悪いことであるという意味ではありません。

講師も保護者も、双方ともに困ってしまうことがあるという意味です。

ピアノ教室の月謝が値上がりをする理由

予め予想されていた「レベルに応じて月謝が上がる」という値上がりの仕方にはどういう意味があるのでしょうか?

テキストが中級・上級と進んで行くにつれて、一般的なピアノレッスンの時間とされる「30分レッスン」では時間が足りなくなってしまいます。テキストが進むと、レッスン時間も少し延長される、よって、時間が延びた分だけ月謝も少し値上がりをするということです。

それではもうひとつ。

ピアノ教室の「想定外の月謝の値上がり」

について。

教室を経営している途中で「月謝を値上げしようか…」と考えるのは

①もう少し月謝を上げれば教室運営費を増やせるのにな…
②教室開校当初の月謝が相場よりも安かったけれど、経験を積んだので相場に引き上げても良いのでは…
そういった、思いが生じた時です。

特に

「②教室開校当初の月謝が相場よりも安かったけれど、経験を積んだので相場に引き上げても良いのでは…」

に関しては講師にとっては重要です。

自分が住んでいる地域のピアノ教室の月謝の相場はなんとなく知っている。
けれどまだまだピアノ講師として始動し始めたばかりなので、中堅やベテランの先生と同じ月謝額にするのは気が引ける…

それにピアノ講師としての指導にも自信がないので、少し安めに月謝を設定しよう。

そう思って最初の月謝を設定する先生もいますよね。

しかし、教室を運営して3年、5年、8年…と経つうちに通ってくる生徒たちはそこそこ良い演奏をすることができ、ピアノ講師としての自信がついてくることもあります。

そんな時に

「うちの教室の月謝も相場に合わせても良いのでは…」

と思うようになります。

それに、あまり安すぎる月謝設定だと

「月謝が安いけれど熱心に教えてくれるのだろうか?」

と思われる可能性もあります。

また、「安さを一番に求める生徒」が多く集まることもあります。

「高い月謝を払ってでも、ピアノを学ばせたい」

と思っている熱心な保護者と

「少しでも月謝が安いピアノ教室に通わせたい」

と思っている保護者。

ピアノを熱心に指導している先生なら、前者のような保護者や生徒に出会いたいですよね。

ピアノ講師は「月謝の値上がりに納得ができないなら月謝が安い教室へ移ってください」と言える立場

月謝の値上げは、当然のことながらピアノ教室を運営している「講師」が決定して良い事項です。

スポンサードリンク

自分のピアノ教室を発展させるためのビジョンがある。

それを達成するためには「月謝の値上げ」が必要である。

そう思うならば、ピアノの先生は月謝を値上げすることに必要以上に躊躇する必要はありません。

「月謝の値上がりに反対」

と言ってくる保護者もいるかもしれません。

しかし、ポリシーや理由あっての月謝値上げです。

「申し訳ないです」とお伝えしたうえで

「月謝が高くなるのが困るのなら、月謝が安い教室に変わっていただいてもかまわない」

といった旨を先生自信の言葉でうまく伝えるのは悪いことではありません。

例えば行きつけの美容室で、料金の値上がりがあって納得が行かなかったら美容室を変えますよね。

「値上がりをしてでも、通い続けたい」

と思う人だけが続けて通ってくだされば良いのではないでしょうか。

ピアノ教室の月謝を値上げする時の注意点

しかし、月謝値上げは悪いことではない、とは言っても、保護者の伝える時には注意点がいくつかあります。

① できる限り早めにお伝えする

「来月から月謝が500円値上がりします」

と言われたら、たとえ500円だとしても良い気分はしません。

教室の月謝を値上げする場合は、遅くとも半年前には保護者にお伝えしましょう。

ただ、理想は1年前です。

月謝の値上がりに納得のいかない保護者にとっては1年間あれば、ほかの教室を探すことができます。

また、その他の保護者にとっても1年間あればゆとりをもって心づもりができます。

② 申し訳ないという気持ちを伝える

月謝の値上げは悪いことではないですが、保護者の方にとっては切迫した問題になりうるかもしれません。
当初の月謝から値上がりしてしまったことへの「ご迷惑をおかけして申し訳ないです」という気持ちは謙虚に伝えましょう。

併せて、月謝の値上げにご理解をいただけたことに対する感謝の気持ちも惜しみなく伝えるべきです。

自分が経営している教室だとは言っても、ピアノ教室は「生徒さんあってこそ成り立っている生業」です。

生徒さんや保護者の方には謙虚な姿勢で接し、いつも感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

「ピアノ教室の月謝の値上げの理由と伝え方」まとめ

ピアノ教室の月謝値上げは、けして悪いことではありません。
むしろ、教室の発展のためには月謝の値上げが必要不可欠である場合もあるでしょう。
月謝の値上げを考えている先生は、自分のポリシーや理由を明確にし、自信をもって月謝の値上げに踏み切ってください。
ただその時は保護者の方へ「申し訳ないという気持ち」と「理解していただけたお礼」をお伝えすることを忘れずに…!
そしてできるだけ早く伝えて差し上げると双方にとっても良いかと思います。

【あわせて読みたい記事】
「その月謝額は妥当?」
「生徒がどんどん集まって辞めない!そんなピアノ教室の秘密とは?」
「ピアノの先生!確定申告していますか?」

スポンサードリンク