ピアノ教室の発表会というと、「ピアノをソロで演奏する」ことは必須ですが、教室によってはプラスαのパフォーマンスを準備している先生も多いですね。

今日はそんなプラスαのパフォーマンス【幼児編】をお届けします。

幼児の生徒さんができる・保護者に喜ばれる発表会のパフォーマンス

その① 「歌を歌う」
季節の歌や保育園や幼稚園で歌っていそうな歌・・・曲は何でもOKです。
「ただとりあえず出番を増やすために歌わせました」
ではなんとなく締まらないので、それならば何もしない方が良いくらいです。
ピアノ講師たるものプロとして、そして音楽の重要な取扱者として、歌わせるならきちんとしたステージを目指しましょう。

スポンサードリンク

直立したまま最後まで歌うのも味気ないな…といいう時は

・手話や手遊びをつけてみる
・ちょっとしたコスチュームを身に付ける
・客席に降りて、客席の間でパフォーマンスする
・ダンスを取り入れる
こういったことを取り入れると、パフォーマンスが少し華やかになります。

あと簡単にできることとして「お名前を一人ずつマイクで言う」というのも案外保護者の方にとっては嬉しいものです。

その② 「打楽器や鍵盤ハーモニカの合奏」

これも、曲は何でも良いです。
ピアノを習っている生徒たちなので、鍵盤ハーモニカを演奏するくらいラクラクです。
伴奏者は、小学生の生徒さんから選出して

ただ、この時もつたない伴奏になってしまうくらいなら、先生や、お手伝いをしてくださる他教室の先生などが弾いた方が「ピアノ教室のパフォーマンス」としては成り立ちやすいです。

「そうは言うけれどやっぱり子どもたちだけのステージにしたい」と思われる先生もいらっしゃるかもしれませんが、つたない演奏では幼児の生徒さんたちも演奏しづらいです。美しく音楽的に演奏できる生徒さんがいない時は、今回は講師陣がピアノ伴奏をして、次回の発表会では小学生に伴奏をお願いできるようにこれから鍛えていくのが良いかと思います。

その③ ミュージックベルの演奏

ミュージックベル(ハンドベル)は、音をきれいにならすことが難しい楽器ですが、保育園や幼稚園の発表会でも披露されている楽器です。きちんと指導をして練習をすれば幼児の生徒さんでもきれいに鳴らすことができるようになります。
しかしミュージックベルは高価です。

知り合いの先生の間で貸し借りをして利用する先生もいらっしゃいます。
でも、自分の教室に1セットあると

断然23音セット(低いA~高音のGまで半音ずつ)が良いです。
23音セットでしたら小学生が高度な演奏をする時にも重宝します。

ちなみに20音セットは低音A~高音Eまでです。

教室の特色あふれるアイデアを練って、発表会のステージを「生徒も楽しい」「保護者も楽しい」ものにしていきましょう。