ピアノの先生や音楽家は美人が多い?

あなたの身近にいるピアノの先生って、美人ですか?

スポンサードリンク

ピアノの先生は美人が多い

というのは、まあまあよく言われていることです。

スポンサードリンク

たしかに、ピアノの先生たちが集まる場では、華やかな雰囲気だったりオシャレだったりする先生たちがたくさん。

大手の音楽教室のピアノの先生たちも若くてかわいい先生が多い印象ですよね。

実際にネットでは

「ピアノの先生って美人な人が多くないですか?」

なんていう質問もあるくらいです。

そしてその解答も

  • たしかにピアノの先生は見た目にも雰囲気的にも美人
  • 今まで不細工なピアノの先生見たことない
  • 言われてみれば確かにそうだ
  • 私が今習っているピアノの先生は女優になれるくらいの美人だよ
  • 学校の音楽の先生もきれいだよね
  • 筆者が気になったのが
    「雰囲気的にも美人」
    という点です。

    ここにピアノ講師の職業柄が表れていると思いました。

    ピアノの先生や音楽家が「雰囲気美人」な理由 その①

    ピアノを含めた「音楽」の本質は、美しくて愛に満ちたものです。
    そんな「美しくて愛に満ちたもの」を日々扱うピアノの先生。
    自然と「雰囲気美人」になるのは納得がいきませんか。

    ピアノの先生は、

    より美しい表現を目指す毎日。
    美しい音色を求める毎日。
    自分の出す音に磨きをかける日常。

    それがピアノの先生のライフワークであり日常です。

    美しいもの(音楽)を追求しているピアノの先生は、内側から「美しさ」がにじみ出てくるのでしょうね。

    ちょっと失礼な言い方ですが、お年を召して、スレンダーではないふくよかな先生でも、どことなく雰囲気は「美しい」ですもんね。俗に言う「おばさんっぽさ」がないのです。

    ということで、ピアノの先生は雰囲気美人であることが多いのです。
    そして実は「美人が多い」のはピアノの先生だけでないのです。
    管弦打器奏者、声楽家にもきれいな人は多いです。

    やはり同じように美しいもの(音楽)を追求しているからでしょう。
    なので、音楽家の女性は全体的に雰囲気美人な人が多いと言えるでしょう。

    ピアノの先生や音楽家が「雰囲気美人」な理由 その②

    ピアノの先生は音楽と言う美しいものを教えたり広めたり表現したりする職業です。
    そんな「美しいもの」を扱う人の身なりが適当であると、生徒さんからの信頼度も半減してしまいます。

    たとえばデパートの化粧品カウンターのBA(ビューティーアドバイザー)さんが、髪の毛はボサボサ、肌はガサガサだったら、お化粧品を薦められても買う気にならなくないですか(笑)

    お化粧品はキレイになる道具です。
    なので、お化粧品はキレイな人から薦められると、なんとなく安心感がありますよね。

    ピアノの先生もそれと少し似ています。

    先ほどの

    「美しいもの(音楽)を追求しているピアノの先生は、内側から『美しさ』がにじみ出てくる」

    というのもありますが、ピアノの先生は

    「美しいものを教える職業なので、自分の身なりもきれいにしていたい」

    という気持ちもあります。

    それに生徒さんも、美人ではなくても小綺麗な服を着た雰囲気美人の先生に習うほうが緊張感があって良いですよね


    「ピアノの先生や音楽家は美人が多い?」まとめ

    ピアノの先生や音楽家には、実際に美人な人も多いし、顔は美人ではなくても雰囲気が美人な人が多いということは、あながち外れていないようですね。
    音楽を扱うという職業柄、にじみ出る雰囲気の美しさや、先生自身の自覚が「雰囲気美人」を作り出しているのかもしれませんね。